お笑い芸人さんコラム〜芸人について寸評〜 た行




・ダウンタウン

ダウンタウンいまやおしも押されぬ大芸人である。もともとは漫才からはいあがってきたコンビである。吉本にはNSCというお笑いの学校をやっているが、ここの1期生がダウンタウンである。

同期にはトミーズ、ハヒールなどがいる。最初はトミーズやハイヒールの方が先にテレビにではじめて、苦い経験もしたらしい。ずーと劇場で下積みをしていたらしい。まっちゃんもいっていたが、ここでかなり、お笑い能力が鍛えられたと。まーもともと才能があるのだろうが。

あとラジオでもお笑い筋力が鍛えられたともいっていた。よくお笑い評論家がいうのは、「芸人ならどんな地方でもいいのんでラジオを持ちなさい」という。やはりラジオというのは、しゃべり続けなければいけないし何回も笑いをとっていかないといけないので、笑いの瞬発力やアドリブが鍛えられていくのだろう。・・・話がそれてすんません。戻すと、それから大阪で4時ですよーという夕方の帯番組で人気は不動のものになった。この番組が、今のダウンタウンファミリーの原型である。

今、放送作家として億を稼いでいる高須光聖もこの番組から参加している。この番組の最終回であのダウンタウンが涙をながしたのは有名である。それほど思い入れのある番組なのあろう。

ここから活躍の場を東京に移すのである。まず最初の看板番組はガキの使いやあらへんで(いまでも続いてる長寿番組)である。この番組は基本的にまちゃんの好きなことをする番組であろう。ホントニ独特な空気の番組である。仮にほかのコンビが、ガキのさまざまな企画をやったとしてもつまらない番組になるような気がする。こうして知名度をあげていった彼らは、今ではゴールデン番組の顔である。




ごっつええ感じです。最高におもろいよ.

ビジュアルバム
松本ワールドを見よう。

ひとりごっつ
お笑いを追求するまっちゃん。





・ドランクドラゴン

ドランクドラゴンは、人力舎スクールJCAの5期生である。塚地はサラリーマンをしていたが、芸人になる夢をあきらめきれず、今にいたった。相方の鈴木はひどい天然ボケで有名である。

トーク番組では、ボケと突っ込みが入れ替わる。鈴木のあまりにも突拍子のないことを言う為、こうならざる負えない状況であろう。ただ、この天然ぶりが半端でない為、むしろ、いいコントラストをかもし出している。

塚地の芸人としての安定さは、抜群である。コントにおけるキャラの作りこみ、なりきり方、完璧である。トークにしても、ダウンタウンDXで見せる軽妙なしゃべりはおちついて見れる。あのダウンタウンを前にしてあそこまで、おちついて笑いをとれればすごい!





・とんねるず

この二人は帝京高校の同級性である。なにげなしにお笑いスター誕生に出場し、コントで勝ち抜きそれで、デビューといった経歴である。ダウンタウンが、夕方の帯番組「4時ですよ〜」で一世を風靡したのに対し、とんねるずは「夕焼けニャンニャン」で全国に名をしらしめた。

ただ、この2組の決定的な違いはとんねるずは全国放送なのに対し、ダウンタウンは絶大な人気はでたとはいえ、大阪ローカルである。この辺が関西芸人の大変なところで、大阪で売れて、東京で売れてと2回売れなければならない。これが、関西芸人の底力をつけているのであろうか?(いつのまにかダウンタウンの紹介になってしまったが)とんねるずが息の長い芸人になったのにはスタッフやブレーンに恵まれた事も大きい。

夕焼けニャンニャンには秋元康がからんでるし、とんねるずの人気を不動のものにした、ねるとん紅鯨団はいまのバラエティー界に多大な影響を与えているテリー伊藤が構成していた。芸人が長続きするにはスタッフにめぐまれるということも大切なのだろう。、









Copyright© 2004 お笑い寺 All rights reserved.